FC開発担当者 アイラちゃんブログ

フランチャイズと自分でやるの、どっちが良いの?

2021年 02月 25日

こんにちは

最近飲食店で急激に1000店舗出した、

からあげのフランチャイズチェーンがあるとニュースでやっていました

コロナ禍で飲食は厳しいそうですが、

デリバリーに力を入れて成功したそうです。

 

さてマツエクもフランチャイズでやるパターンと自分でやるパターンがありますよね

『経験者を引っ張って来てマツエク店をオープンさせる』

と、私も聞く事があります。

 

技術・集客・マネジメント、大丈夫かな?

 

フランチャイズの良さは、以下です!!

技術的なフォローがある

マネジメントフォローがある

本来詰めないノウハウと情報の共有がある

求人サポートがある

クレーム対応ができる

 

経験者を引っ張って来てもスタッフが辞めた後どうするのか?

 

タイムアップをするのがマツエクビジネス成功の近道ですが、

技術がないオーナーがそれを強いるのは至難です。

 

そこを本部SVがタイムアップさせる事ができます。

 

店舗数が多いフランチャイズチェーンはその分の情報が多く、

リスクヘッジや好事例を取り入れていくこともできます。

 

今はコロナ禍で求人者は多いですが、

平常はかなりは求人を取るのが難しく、コストを多くとらないと獲得できません。

果たして経営の命綱である技術者を個人店がコストをかけて獲得するのは現実的な事なのか?

 

フランチャイズ本部は独自で求人を獲得するツールを持っていたり

美容学校にコネを持っているので、狭い非公開の就職ガイダンスに参入できます。

 

クレームはサロンにつきものですが、経験値がないとクレームの対処は大変です。

本部がお客様とサロンの間に入り、解決のお手伝いをします。

 

オープン前は不動産を一緒に調べたりもします。

 

上記のサービスは全てEYELA本部のサービスでもあります★

 

ただ、その分ロイヤリティという手数料を頂いています。

 

EYELAには元々技術をお持ちの方がEYELAフランチャイズに加盟する事も多いです。

現実を知っているからこそ、サポートやフォローの大事と失敗を回避するためでもあります。

 

EYELAではフランチャイズオーナーを募集しています★

初めての企業

マツエク未経験の方

大歓迎です♥